Sakura Estate

創業明治二十一年の釣具メーカーによる不動産事業部

ご挨拶

私ども櫻井釣漁具は元々1888 年創業の日本最古の釣具メーカーとして自社の「サクラブランド」を日本全国、世界各国に展開するほか、東京の神田に実店舗も構えております。
そのショップの入ったビルや、その他複数の不動産を所有しているため、メーカー事業の傍らで、昭和37 年頃から不動産の賃貸事業を手がけてきました。
不動産仲介事業部は立ち上げ間もない組織ではありますが、徹底したお客様目線とスピード感をモットーに、これまで数多くのお客様にご愛顧頂いております。

代表取締役社長 櫻井 孝行

会社概要

商 号 : 櫻井釣漁具株式会社 
設 立 : 1,888 年( 明治21 年)
資 本 金: 1,740 万円
代 表 者: 櫻井孝行
本 社 : 東京都千代田区鍛冶町1 丁目8 番1号
支 店 : 大阪市西区西本町2 丁目1 番38 号
取引銀行: 
みずほ銀行日本橋支店、三菱UFJ 銀行神田支店、三井住友銀行神田支店
東京都知事免許(1)97757




 


沿革

我々はエキスパート集団である以上に、情熱とスキルを持って力を発揮する、同じ志を持つ同士といえます。創業1888 年、四代にわたり釣漁具製造販売とり竿製造に「一竿入魂」の精神で精進、進展し目実共に日本最古の高級釣竿メーカー」となりました。二代目櫻井博は「千代田区無形文化財」に指定され、当釣竿が美術伝統工芸品として「美術年間」に掲載されました。また、昭和50年以来5期にわたり、優良法人として神田税務署より表敬状を頂いております。1950 ~ 60 年代は、米国をはじめとして豪州、欧州に六角竿やサクラベイトの名前で疑似餌を輸出していました。次第に釣具の国内需要が増えるにつれ、中国、韓国、台湾、香港での代理店販売に集約されつつありましたが、日本国産釣竿の人気は衰えず、また、欧米諸国での市場も再構築中である等、世界の「サクラ高級釣竿」としての地位を築きつつあります。
不動産事業は昭和37 年頃から不動産事業として自社ビルの賃貸事業を手掛け始めました。2015年には大手リフォーム会社の不動産仲介をスタートし、本格的に不動産事業に参入しております。